/* */ 動きがあり次第お伝えします。 2005年06月

動きがあり次第お伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎試飲会 → タマコロ → 酒道4号線

6/25-26は、☆そら☆怒涛の三企画に参加してまいました。

こんな遊んでばっかいて、いったい暇なのか忙しいのかよく分からない、
そんな係長が手短に報告します。



●焼酎大試飲会→(これ)

会場ではおかげで良さげな銘柄を見つけられましたよ。→(これ)



でも見つけた代わりに、

その後の居酒屋で自分自身を見失なっちゃったんだけど…んマイケル!→(これ)




マイケルマイケル 何度記憶を失くしても ちっとも懲りてない プン♪



●SORIDE~タマコロ2~(ボーリング)


今回は全然ストライク取れず。



まぁ僕が確実にストライク取れるのは…




君達の“ハート”という名のピンだけだからね。


(あま----い 甘すぎるよ小沢さーん 坂口征二の息子のキウイくらい甘いよー)



●酒道4号線(定例飲み会)


どけどけ邪魔だ邪魔だどけどけどけぃ、ひき殺されてぇのか
バカヤロコノヤロメ!

こっちの会話が出来ないくらい隣の団体がテンション上がりまくってたんだ
バカヤロコノヤロメ!


お前らテンション上げながら胃の中のモノまで上げてんじゃねーぞ
バカヤロコノヤロメ!



ほのかにスッパイ臭いがこっちにまで漂ってきてたじゃねーか
バカヤロコノヤロメ!



以上。

【“焼酎試飲会 → タマコロ → 酒道4号線”の続きを読む】
スポンサーサイト

ギター係長

昔通っていたスポーツジムの、今月一杯使用できる格安チケットを手に入れた。

早速、鏡の向こうの裸の自分に相談してみると、
即行ってこいと怒られたので、せっせと通っています。


で、そのジムの壁にあるインフォメーションに目をやるとこんな告知が。

SN310164.jpg


ずいぶんと残念なネーミングのプログラムだなぁ。
ご本人と同じくこの夏には消えて無くなりそうだ。





・・・・・・・が、ふと気になって、ネットで検索してみる。













ダジャレぢゃなかったよん(笑 → (Google:ハタ・ヨーガ)



子どもが無意識にダジャレを言うのは頭が柔らかいからで、
無意識にダジャレを言うオヤジは、頭を柔らかく保とういう意識が
勝手に働いてるんだと、以前どこかで耳にした。


拙者、頭のヨガを無意識にしてるだけですから…  (瀕死語なので略

ドリームジャンボ(結果)

いにしゃる「T.K」な人の義務としてドリームジャンボ、奮発しました。

1500円も(笑


結果…







コネ━('A`)━…





そういうわけで、これからも真面目に仕事していかなきゃいかんのです。
会社で遊んだりするなんてもってのほかです。










SN310163.jpg
会社のデスクにて

ひとり☆そら☆ ~2~

(前回の続き)
マスターはこう答えた




「はい、うちのいつもの、メニューね」


と、マスターは木製の板に書かれたメニューを私の前に差し出してきた。



・・・普通だ。
このままレポートすると、まるで私が寒いみたくなってしまう。
と、焦点の合わない視線をメニューに向けていると、マスターは




「まぁ“いつもの”なんてやめなよー。
  まだ若いんだからさ、何でも色々と試した方が、いいもんだよ」




なるほど。これはちょっと味のある言葉を頂いたかもしれない。
バーのマスターに、人生を説いてもらってる様にも聞こえなくもない。

もし私が堤真一、マスターが大杉蓮あたりなら、そのまんま木10のドラマに見えなくもない。
もし語尾が「試した方が、いいもんだよなあ」なら相田みつをに聞こえなくもない。
もし語尾が「試した方が、いいわけなんですよ」ならサンボマスターに聞こえなくもない。


と、ここまでで、私は笑いながらマスターに趣旨について説明すると、
酔っ払ってそんなことをいってくる新規の客はたまにいるとマスターは教えてくれた。
そういうお客は話しやすいし印象に残るそうだ。
まぁよく考えれば夜の飲み屋なら普通にありそうな話だ。


こうやっていきなり冗談でお店の人に顔を覚えられることが、
企画「マスター、いつもの」の主旨を実現する近道かもしれない。

【“ひとり☆そら☆ ~2~”の続きを読む】

↑激流↓ ~二番搾り~

5/28のラフティングに参加したので報告。

参加人数は当初のメンバーから入れ替わりがありつつ10名。

当初の予定では14日の予定だったのに幹事の一身上の都合で28日に。
そのせいで参加できなくなった方々は残念でした。
幹事に代わってお詫びしときます。

で、朝の集合は「前日の壮行会」やら「吉野家」などの
色々な障害に阻まれたため遅刻者が出るものの、何とか現地で全員集合。


一通りの説明を受け、
CIMG0918new0.jpg




1つのボートには10人いっぺんには乗れないので、
グーパーで5人づつのチームに別れました。

CIMG0930nw.jpg
グーなチーム(私がいたほう)




CIMG0924new0.jpg
パーなチーム(代表2名)



15kmほどを2時間くらいかけて下ります。
所々で激流が待っています。
写真では割と穏やかな感じですが、
凄い所では写真を撮るどころじゃないだけです。

CIMG0939new0.jpg



ちなみに、あなたが男子ならやはり女子はぜひ同乗してもらった方がいい。
悲鳴をあげてくれるだけで1.5倍くらいは盛り上がる(当社比)
もしあなたが女子だとしても、男子に悲鳴を聞いてもらった方が1.6倍(略


終盤になり、パーなチームでは一連のコントが始まり川を泳ぐ人が。

一方、グーチームでは目で会話が始まる。


【“↑激流↓ ~二番搾り~”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。